小学生プログラミング

将来どんな仕事にも求められる「考えるチカラ」を身に付けます

2020年度からプログラミング教育が必修化へ

2020年度より小中高校の学校教育の基準となる「学習指導要領」が、思考力や表現力を主体的に育む内容に全面改訂されます。

その中でも今回の改定で目玉となっているのが、英語教育の強化と、プログラミング教育の必修化です。急速に進むグローバス社会に対応し、国際的に活躍できる人材を育成するためとされています。

また、プログラミング教育は、プログラミング言語を覚える勉強ではありません。
プログラミング教育とは、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な「論理的思考力を身につけるため」の学習なのです。

アスプの小学生プログラミングクラスは

  1. いろいろなことを自分で考えて行動することができるようになる
  2. 物事を筋道立てて説明することができるようになる
  3. 分からないところは自分で調べて解決することがきるようになる

ロボットやゲームを作りながら「論理的思考力」「創造力」「問題解決力」を楽しく学ぶことができます。

ロボットプログラミング

プログラミング講座の中でも、ロボットを使った講座は、プログラミングの結果が実際のロボットの動きで見える面白さがあります。自分のアイディアや工夫を試してみるための題材として、もってこいです。

ロボットを動かして課題を解決するには、科学や算数の力が必要です。これらを学びながら、同時に「21世紀型スキル」の多くを身につけられるロボットプログラミング教育は、新時代の学習に最適な方法といわれています。

アスプのロボットプログラミング講座

  1. 興味・関心を引き出す「身近なもの」をテーマに学習
  2. 小学生にもわかりやすいビジュアルプログラミング
  3. 学校で扱う教科を複合的に取り入れたカリキュラム
  4. 考える習慣を身につけるPDCA+STWのダブルループ学習

※PDCA(計画・実行・評価・改善)、STW(見てSee、考えてThink、類推するWonder)

Scratchでプログラミング

マサチューセッツ工科大学メディアラボが開発したプログラミング言語で、視覚的にプログラミングを学べるのが特徴です。

ブロックをジグソーパズルのようにつなぎ合わせるだけで、絵に動きを与えたり、音を鳴らしたりできるようになり、オリジナルのゲームやアニメーション作品ができあがります。

必要な操作はドラッグ&ドロップなどの簡単なマウス操作のみ。専門知識もいりません!

パズル感覚でできる、今注目のプログラミングに気軽に触れてみましょう。

まずは各校へお問い合わせください。

アスプのScratchプログラミング講座

  1. 毎回保護者の方へ授業内容を報告
  2. 当日お休みの場合は別日で振替可能
  3. キーボードでのローマ字入力も毎回学習
  4. 算数も英語も強くなる!